counter カウンター

故郷指宿で田舎暮らし

自然豊かな九州南端の指宿で、四季を彩る花々と戯れながら      田舎暮らしをこよなく愛する爺さんの雑話

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

小春日和 

今年の冬は昨年と同様、寒くなると予報されていますが、田舎でも
真冬並みの寒気が流れ込み、昨年より11日も早く桜島の初冠雪が
見られ、急な冷え込みで体が慣れないせいか、布団から出るのが
億劫になり、もごもごしていたら怒られました。

しかし、一夜明けた今日の天気は小春日和になって、菊の後始末や
野菜の手入れを済ませ、前から気になってた茎の無くなった里芋を
煮っ転がしにしようと掘ってはみたものの、雨の少ない夏の日照りで
出てくるのは小振りな芋ばかりで、何十年も作ってきた中でも最悪の
出来でした。

正月の煮物と種芋は残りそうですが、豚汁や好物の煮っ転がしを
食べれる回数は減りそうです。
いつも通り皮むきは自分の仕事で、小さい里芋の皮を剥いたら更に
小さくなり、金柑みたいな一口サイズになりました。
ブルーベリー
皆様の記事を拝読してますと、季節がらでしょうか、紅葉の写真を
観る事が多く、楽しませて貰っています。
紅葉狩りに行きたいと思っても、母の事で遠出もできずに神社の
銀杏を見るくらいですが、我が家のちっちゃな木には紅葉もどきの
色が付いてきました。

背丈が2㍍もないブルーベリーでも、形に拘ったせいで四方八方に
広がった枝からは、ジャムにできるくらいの実が生ってくれます。
お礼肥えをしたり、春前に追肥したりしてますので、きっと来年も
沢山の花が咲くと思います。
楓
数年前に見栄えが良く、盆栽風に仕上げるつもりで買った「楓」は
技量不足で整枝できずにいます。

葉が蛙に似ている事から「蛙手(かえるて)」と呼ばれ、時代と共に
変化し、「楓(かえで)」となったと聞いていますが、赤か紅色の葉を
期待してたのに、年数が経てば変化するのでしょうか。

これから一段と寒くなり、落葉も早くなりそうですし、もう少しだけ
紅葉もどきを楽しませて貰えると嬉しいのですが。
花と生活
スポンサーサイト

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。