counter カウンター
FC2ブログ

故郷指宿で田舎暮らし

自然豊かな九州南端の指宿で、四季を彩る花々と戯れながら      田舎暮らしをこよなく愛する爺さんの雑話

恨めしい雨 

雨マークがずらりと並んだ田舎は、湿気を感じるようなムシムシした日和に
なっており、昨年より数日遅れで梅雨入りしました。
地方によっては降水量が少ないと報道されてますが、困り事は違うにしても
自然の営みにはなす術もありません。

遅ればせながら、心配していた孫の運動会は、神様へのお願いが通じたのか
前夜まで降り続いた雨も止んで予定通りに行われました。
校庭の水はけが頗る良く、おまけに曇り日とあってチビちゃんたちも懸命に
走ってました。

走る孫へ年甲斐のない大声を張り上げて応援したせいで、翌日は喉の痛さに
困りましたが、年毎に成長する孫から元気を貰った一日になりました。

5時前の起床を始めてから三日目となっても、今までのリズムに慣れた体と
頭はバラバラ感があり、早く時差ボケ状態から解放されたいです。

おまけに昨朝も雨となり、普通はこんな日に畑へ入る事はしませんが、何せ
お金が待ってくれてますから、気合を入れ直して身支度しました。
でもオクラの背が低く、ぬかるんだ畑では小さなトロッコに座って作業する
事ができず、腰を屈めて千切ってると30分しない内に鈍痛が走ります。

海老状態になった腰を伸ばそうとしても、元に戻るまで30秒くらいかかり
「痛い、痛い」を連発すると、隣でも似たような声が聞こえます。
中学から大学までバスケを続けた影響で、腰は元々弱く、上向きに寝る事が
できずに、頻繁に寝返りしてると家内は言ってます。

合羽を着てても雨に打たれると暑さは感じないものの、くの字姿勢の移動は
何度経験をしても慣れる事はなく老人にはきついです。
今朝は3時間で800本くらいになりましたが、最盛期を迎える週末からは
更に早起きして、ヘッドライトを点けての作業になりそうです。

パン朝食だとお腹が空くのが早く、米にしてとお願いしても、朝は無理だと
言われ、シャワーを浴びてからの休憩時間は、梅干し入りの握り飯を食べて
ますが、食欲旺盛でも体重が増える事はありません。

一眠りしたくても回覧板の準備をしなければならないし、役所からの通知や
チラシを仕分けしていたら、正午を知らせる市民歌が流れてきました。
昼寝をしたいので、昼食は後回しにして配達をしてると、顔を合わせた人に
ご苦労様と言われて、「どうも」と応えると笑顔が返ってきます。

晴天日は自転車に乗って配るので早いのですが、雨だとそれも使えない為に
時間がかかり家に戻ったのは2時前でした。
家内が昼食の準備をしてる時に、横になっていたら寝込んでしまって、眼を
覚ましたのは4時前でした。

お腹は空いてたのですが、夕食の事を考えたら食べる気も失せて、三日前に
採ったミニトマトをかじったら、気の利いたコメントは言えませんが、我が
家の物が一番美味しく感じました。

まだ始まったばかりで気が張ってるせいか、家内も元気に振る舞ってますが
その内に付けっ放しのテレビの音よりも、鼾が大きくなるに違いありません。
花と生活
スポンサーサイト



PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ