counter カウンター
FC2ブログ

故郷指宿で田舎暮らし

自然豊かな九州南端の指宿で、四季を彩る花々と戯れながら      田舎暮らしをこよなく愛する爺さんの雑話

緑葉 

今日も昨日も一昨日も、そしてその前も・・太陽を見たのはいつだったと
隣人に聞けば覚えてないと言うし、長く人生している私ですら記憶に無い
くらいの雨の日々になっています。

田舎では梅雨を「ながし」と言っており、諸説は色々とあるみたいですが
東シナ海から暖かく湿った空気が黒潮の上を吹抜けて、長く続く強い雨が
全てを流す事から、そう呼ばれると聞いています。

この前の朝、雨水に流される玉蜀黍を見つけ、遣られたと思いながら畑に
近づくと、案の定、食い散らかされた跡がありました。
まだ先っぽが青く、狸が食べに来るのは少し早いと、ネットを頑丈にして
なかった隙間から入り込んで、3割方が害獣のお腹に消えました。

収穫数を勘定していた私は、その様を見たら笑うにも笑えなくなり、孫や
お裾分けするのは残ったものの、二人が食べるのは傷物になりそうです。

晴れた日にと思っていた神社参りは、それも期待できそうになかったので
土砂降りの中を出掛けたら、事故処理で片側通行になったり、土砂崩れで
迂回させられました。

観光名所になっている池田湖は、水量を満々と蓄えてましたが、開聞岳は
霞んで観光客も疎らでした。
昼食はソーメン流しにすると尋ねると、温度の低い日に食べても美味しく
ないと却下されて近くで蕎麦をすすってました。

一の宮で知られる神社は、悪天候のせいで参拝者はなく、いつもより長い
願い事に、神様はきっと叶えてくれると家内は信じてます。

それにしても境内の緑の美しい事、黄色い銀杏の葉も綺麗ですが、密集の
緑葉から力を貰えそうで、もしも遠くから見てる人がいたら、相合い傘に
美男美女の姿を想像したかも知れません。

緑色は心理的に、リラックス効果や緊張状態の緩和作用があったり、眼の
疲れや、血圧のバランスも整えてくれる効果があるので、眼球を点にして
紅葉とニラメッコしてました。

帰りに行きつけのお店に寄ると、顔馴染みになってる店長から傷の付いた
マンゴウを頂いたのは良かったのですが、買う積りでなかった薩摩揚げと
西瓜に手が出て高くつきました。

今年こそは甘味の強い西瓜を目指して土作りを丹念にしたものの、多量の
雨で葉は枯れ始めており、楽しみにしてる孫へは買う羽目になりそうです。

今日の朝刊にはオクラの収穫量が、平年より3割くらい減少しているとの
記事がありましたが、植物からは雨は要らないと悲鳴が聞こえてきそうで
早い天気の回復を願っています。
花と生活
スポンサーサイト



PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ