counter カウンター

故郷指宿で田舎暮らし

自然豊かな九州南端の指宿で、四季を彩る花々と戯れながら      田舎暮らしをこよなく愛する爺さんの雑話

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

黒豚は美味 

あれよあれよと言う間に今年も残り3ヶ月となりましたが、若い頃は誰もが
認めるどっしり感のある中年の小父さんに早くなりたいと思っていたものの
今考えると、そんな年代があったかは疑問です。

あれからうん十年、歳を重ねる度に1年を早く感じるようになって、今年も
やってきた誕生の日の昼食は、専門店の黒豚シャブシャブでした。

日頃から肉よりも魚を好む私は、特に鯵や鯖の青物が大好きで、新鮮な物が
店頭に並んでると迷いなく籠に入れてます。
昔に磯や舟釣りをした経験もあるので、三枚下ろしや刺身にでも切れますが
錆びた腕を信用してないのか、今は家内が捌いてくれます。

折角祝って貰えるなら、舟盛り付きの日本食だと思ってましたが、田舎には
それらしきお店がなくて、黒豚になってしまいました。

昔の薩摩の国では、豚肉は歩く野菜とも言われ、戦国時代から食されてたと
郷土史で読んだ事があり、小さい頃の殆どの農家では、それを収入源にして
いたらしく、ほんとの話、私みたいな団塊世代の薩摩人の少年時代の仕事の
一つに黒豚の散歩があったそうです。

肉色は淡いピンク色をしてるし、食通でもない私ですら、繊維がきめ細かい
為に歯切れが良く、口の中でとろける甘みを感じました。
県のブランド指定だけあって少々お高めですが、鹿児島にお出でになる際は
本場で黒豚をご賞味なさってみてください。

ここ数日は前線の影響で天気が悪くて、満腹になったお腹を空かしたくても
外仕事ができずに、何もする事なく横になりました。
近頃は温度も下がり、半袖から長袖に代えてますが、それでもヒンヤリした
風で眼を覚ますと、家内は手毬寿司を握ってました。

何でと聞くと、誕生日の仕切直しと言ってましたが、昼は酒を飲まない私に
気を使ったみたいで、魚と日本酒を準備してありました。

数日分のカロリーを1日で摂取した今朝は、滅多に二日酔をする事などない
のにオクラが二重に見えて、商品にならない小物まで取っていました。

それに引き換え、私と同じくらい飲んでた家内は、花殻を摘んだり、日頃と
変わらない振る舞いをしており、お酒でも負けるようになった私には、他に
勝る物は無くなりました。
花と生活
スポンサーサイト

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。