counter カウンター

故郷指宿で田舎暮らし

自然豊かな九州南端の指宿で、四季を彩る花々と戯れながら      田舎暮らしをこよなく愛する爺さんの雑話

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

汗掻くほどに 

ここ数日は南国らしい強い陽射しが照りつける下で、雨の為に溜まった仕事を
一つずつ熟し、やっと昨日の菜園の草取りを最後に一段落しました。

雨風に遣られたオクラを消毒してると、上下合羽を着てるせいで、雨に濡れた
みたいにビショビショになるし、マスクから漏れる息で眼鏡は曇って、まるで
サウナ状態でした。

一応、完全防備はしてるものの、田舎の先輩たちから薬剤を扱った後は、吸い
込んだ毒を排出する為に、濃い緑茶を飲むようにと聞いていたので、梅干しを
口に含み、湯呑み5杯くらいを飲みました。

一つ済ませば次の仕事が待っており、観葉植物へ油粕と骨粉入りの肥料を施し
鍬で土寄せしましたが、喉は渇くし、乾いた顔の塩をタオルで拭けばヒリヒリ
するし、水道水で洗い流しながら水腹になるくらい飲んでました。

これまでベストな体重を維持してたのに、ここ数日で3㌔は減量して、昼寝で
体力を回復させたくても、校区行事や会合とも重なって、それすらできません
でした。

その代わり冬と違って暑い日の畑仕事の後のビールが美味しくて、最初の一杯
目は喉が鳴り、ラッキョウの酢味噌和えを肴に、飲めば飲むほどに焼酎が進み
ます。

亡父か母かのどっちの性格を引いたのかは分かりませんが、日課になっている
数百メートル離れた母の元へ、毎日顔を出しては世間話しており、今日は薬を
貰いに病院へ行きました。

母は満州からの引き揚げ者の一人で、戦後は食べ物にままならない時代が続き
朝早くから夜遅くまで働き続けていた事を、子供ながらに知ってました。

足腰も弱り、体のあちこちが痛いせいもあり、早く迎えに来て欲しいと口癖の
ように言ってますが、歳を取れば我がままになると聞いているものの、そんな
事もなく、私の忙しさを知ってる94歳の母は、タクシーで行くから気を使わ
ないでと言います。

何十年も近くに住んでると、波風が立たない日は無かった訳でもありませんが
歳を取った私には、どうでも良いように思えて、今は老いた母が愛おしいです。

何時ものように持合い室で長く待たされて、帰りにスーパーへ寄ると、寿司を
買って上げると言うし、これまではやんわり要らないと言ってましたが、遠慮
するのも良くないと思って、好きな巻き寿司を買って貰いました。

母は昔から好きだったよねと言ってましたが、遠足に作ってくれていた味には
程遠くても、庭に咲いた撫子を見ながら美味しく戴きました。
昼寝をするつもりが、知人に頂いた胡椒花などを植えたり、トマトの風除けを
済ませ、頭にあった仕事は無くなって、今夜はぐっすり眠れそうです。
花と生活

PAGE TOP

コメント

こんばんは~(^^♪

お母さまも満州からの引き揚げでしたのですね~
きっとご苦労が多かったと思いますが、南の風さんのような親孝行な息子さんが側にいて、よかったですね(^-^;
この親にしてこの子あり~ホントよく言ったものです。94歳で未だお元気とは、お母さまの精神力の強さの表れでしょうか?
こちらは、やっとオクラに葉っぱが見られます~
やはり南九州は、季節が進んでますね・・・

kumikomama #- | URL
2016/05/14 20:03 edit

こんばんは。

消毒作業、お疲れさまでした。
この時期、こちらでもマスク着用した
だけでも相当な暑さを感じますから、
完全防備はきつそうです。

お母様、気丈な印象を受けます。
昔気質だとたとえ子供にでさえ気を遣う
点は同じですね。

南の風さんもあまり無理をなさらない
ようにして下さい。

ichan #- | URL
2016/05/14 21:39 edit

Re: kumikomama さん へ

こんにちは ! ありがとうございます。
満州で開墾をしてたと聞いてますが、日本の土を踏んだのは
長崎だったみたいです。
当時の方々は誰しも苦労をして、子供を社会人へ成長させて
くれました。
その事を思えば、大した孝行はしてませんが、いつまでも元気で
子供扱いされたいです。

今月末当たりからオクラの収穫ができるのではと思っています。
ただ雨風の強い日が続いたせいで、生長が芳しくありませんが
自然に逆らう事はできませんので、あるだけで良しとします。

南の風 #- | URL
2016/05/15 10:47 edit

Re: ichan さん へ

こんにちは ! ご丁寧に、ありがとうございます。
薬剤を扱う時は、念には念を入れています。
特に風のある日などは気を使いますが、合羽着だと蒸れて
汗ビッショリになります。

本人はこの歳まで長く生きられるとは、思ってなかったと言ってます。
いつまでも子供扱いされても、親の有難さだと思って
聞いています。
後何年かは神のみぞ知るですが、これからも親子の会話に花を
咲かせたいと思っています。

南の風 #- | URL
2016/05/15 10:56 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://s230929.blog133.fc2.com/tb.php/914-2a70946e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。